年間6億3300万部発行(ギネス・ワールド・レコード)

約22億5400万人が読まれる本

世界の一般教養、永遠のベストセラー

Bible 「聖書」を一緒に読んでみませんか?

Bible Reading Club

アダムとイブ、ノアの箱舟、ダビデ王、ソロモン王、モーゼの十戒、最後の晩餐、イエス・キリスト、クリスマス、イースター

etc...

 絵画、クラッシック、映画や、イベント、どこかで誰もが見聞きする話、でも、外国の話?何かの神話?いまいち僕ら日本の文化圏では、だれに聞いたらいいのかすらいまいち・・

 

 そう、これらはすべて聖書の話です。
ただ、その聖書も、どこで手に入れるの?というところからはじまり、手に入れたとしても一人で前から読んでみても、時間軸が前後したり、本の構成が一般の本の常識と違ってたり、カタカナが多すぎたり・・・また、話も、当時のイスラエルやその世界の常識が前提で進んでいて、なんでそうなるのか理解できなかったり・・なかなか読み進めれないものです。

​ 世界中で最も読まれている本。約2000年にわたる永遠のベストセラー。西洋文化の中心であり、根底を支える聖書。アメリカの大統領就任や裁判で手を置いて誓う聖書。

 それを専門教育を受けた牧師の解説とともに読んでみませんか?
バックグラウンド、用語説明、文化説明、構成説明などを聞くと、とたんにスッキリして、「なるほど、飽きられることなく約2000年も読まれるような本だなぁ・・」と思えてくると思います。

 そんな感じで一緒に読んでみませんか?

Bible Reading Club

オンラインBRC 

毎週木曜日  10:30-11:30 (午前の部) / 20:00-21:00    (夜の部)

 ※下記のfacebookのグループページ「オンライン・ライトハウス」にご参加ください。

そちらで、オンラインBRCのZoomアドレスの情報を毎週月曜日UPします。

 facebookの「オンライン・ライトハウス」はこちらです。

At チャーチ BRC 

 毎週木曜日  10:30-11:30 (午前の部) / 20:00-21:00    (夜の部)

※午前BRCの後にランチ、夜BRCの前に軽夕食の準備があります。

会場:ライトハウス・バプティスト・チャーチ / 新潟市中央区西堀通6番町876  千歳ビル4F

参加費:無料(卓上献金あり)

★聖書はキリスト教の聖書でしたらどのバージョンでもOKです。

★聖書のない方は、ギデオン協会からの無料配布の聖書をお貸しします。気軽にお声がけください。

​ また、無料ダウンロードの聖書アプリもとても便利です。

​<問い合わせ> 
タイスケ牧師 (臼井 泰輔)
cel:090-3403-7087
e-mail: taisukesan@hotmail.com
FB: https://www.facebook.com/Rev.taisuke

​聖書通読表を作成しました。もしよかったら、ご活用ください。リンクはこちらです。

Q&A

 <Q&A>

 Q: 質問とかしていいの?

 A: はい。僕の答えられる知識内で可能な限り答えます。また、聖書以外のキリスト教についての聞きつらそうなこともどんどん聞いてください。


例:「何しなきゃいけないの?」「お布施っていくら?」「結婚できるの?」→実はこうしなきゃいかん。と言った義務はひとつもないのですが・・

​ なんでも気になること、聞く機会のもてなそうなこと、これって聞くと怒るのかな?なんて遠慮しそうなこと・・せっかくの機会です。なんでもOKです。

 <Q&A>

 Q: 他の教会に所属しているのですが、参加できるの?

 A: はい。全く問いません。聖書を通してのよい交わりの時となれたら幸いです。そして、教会どうしの、架橋のきっかけとなっていけたら素敵だなぁ。と思っています。

 <Q&A>

 Q: クリスチャンでなくても参加できるの?

 A: はい。全く問いません。また、クリスチァンであってすでに教会に所属しているかどうかも全く関係ないです。聖書を、その文化やバックグラウンドなどの解説を聞きながら一緒に読み、交流するクラブです。

 <Q&A>

 Q: ノン・クリスチャン、なりたてのクリスチャン向け?

A: 誰でもOKです。まだイエスに出会ってない方、聖書を読み物として、または文化的に興味ある方も、洗礼受けたての方、数十年のクリスチャンの方、神学生、現役牧師の方など、いろいろな方が参加なされています。

 「なんか一人で読んでてもなぁ・・」「ちっと、他の先生の説明とかも聞いてみようかな?」なんて感じででも遊びに来てください。

 <Q&A>

 Q:これって布教活動?宗教勧誘するの?

 A: 正直に言うと「それもします。」
​ 僕自身が一人のクリスチャンとして、また牧師として、一人でも多くの人がイエス・キリストとともの人生を歩んでほしいと思っているからです。

 ただ、そう心に決めるのは各個人であり、その「心に決める」想いですらも、神の一方的な恵みで与えられる。と聖書に書いてあります。そのため、話術や、心理学的テクニックでコントロールするものでなく、またできないものだと思います。

 
「イエス・キリストとともに人生を歩んでみませんか?」
とたぶん、半年に1回くらい聞くかもしれません。
 そのとき、「そんな人生もいいかな?」と思ったら、「どうしたらいいの?」と質問していただければ幸いです。

「イヤー別に・・」と思ったら、うまく流してください:笑