「What is God?」(神様って何?)
 

まず、聖書にどのように書いてあるか見てみましょう。

 

創世記1:27→人ににた形をしている

 

キャラクター(特徴)
①創世記17:1    →全能な存在。All mighty
②ローマ11:33   →何でも知っている All-knowing
③マタイ6:26    →必要なものを与えてくれる父 Provider
④1ヨハネの手紙4:8 →=「愛」Love

God has love(慈愛にあふれた、愛を持っている存在)とは聖書に書いてなく、聖書では God is love(神=愛:愛そのもの)と言っています。

 

愛には2種類あります。
①(Conditional Love)条件付きの愛 
②(Unconditional Love)無条件の愛

 

 残念ながら、僕らには①の愛しかないのです。99%②の愛に近いものはあっても、究極には何らかの条件が付きます。条件とは「○○だから、愛している。」の「○○だから」です。

②をもてるのは、愛そのものである神様のみです。

 

 僕らのあらわす愛とは、僕らを作った彼(神)の愛を反射して、それをそとに放ちます。

まるで月と太陽のように・・

それなら、一生懸命、月面でタービンを回して自家発電で光を作って疲れきるより、太陽のような光の源から、どっさりもらっちゃえばいいのです。「よりくれ」といえば、より与える神様なので。(Provider)

 

そんな神が、僕ら一人一人に語りかけます。
「わたしの目にあなたは尊い、私はあなたを愛している。」(イザヤ43:4)

 

また、聖書は言います。
「わたし(イエスキリスト)は道であり、真理であり、いのちなのです。私を通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはできません。」(ヨハネ14:6)

 

イエスを自分の主と迎え入れている方は、父である神様の「父」っぷりを過小評価せず、どんどん「くれっ!!」と言いましょう。

イエスをまだ自分の主と迎え入れていない方は、主と迎え入れてこの「愛のプール」に思いっきりつかりましょう。なかなかHappyな人生ですよ(Smile)

★実際のメッセージは、例えや、詳細な説明、他の聖書箇所の引用などを含み30分くらいのものです。

すいません。すべてを書ききれず、ここではざっくりとした要点のみとなります。

是非、聞きに来てください。