イエスのしたこと。カナン人女性のしたこと。

マタイ15:21-28

By Rev.Taisuke Usui

 

 それから、イエスはそこを去って、ツロとシドンの地方に立ちのかれた。

 すると、その地方のカナン人の女が出てきて、叫び声をあげて言った。「主よ。ダビデの子よ。私を憐れんでください。娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。」

 しかし、イエスは彼女に一言もお答えにならなかった。そこで、弟子たちはみもとに来て、「あの女を帰してやってください。叫びながらあとについて来るのです。」と言ってイエスに願った。

 しかしイエスは答えて、「私は、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません。」と言われた。

 しかし女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ、わたしをお助けください。」と言った。

するとイエスは答えて「子供たちのパンを取り上げて、子犬にやるのはよくないことです。」と言われた。

 しかし、女は言った「主よ。そのとおりです。ただ、子犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」

 そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ。あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。
-

-

 この話は、なんともイエス様が意地悪なかんじがして好きではなかったです。

なんでここまで、言わさせなきゃいけないのだろう?まるで土下座する人をもう一度責め立てるような・・さっさと、いつものように癒せばいいのに。

 また、人種差別主義なかんじもします。例えば、悪霊につかれた男(マルコ5:1-20)や生まれついての盲人(ヨハネ9:1-7)、頼んでなくても癒すのに、カナン人には、こんなに頼んでも意地悪を言うのか・・と。

- 

-

聖書の解説書、またはメッセージの中で何度か聞いた説明でこのようなものがあります。
「この彼女との会話のスタイルは、当時のユダヤ律法学者の手法でもあり、彼女の信仰の深さを引き出すためのものである。」
 とてももっともに聞こえ、「なるほど!!」と思えそうです。でも、そこで思考を止めるには、いささか乱暴な感があります。聖書は、「偉い先生がそう言った。」で読み終わる本ではありません。

 どんな偉い先生でも、人であり、聖書筆者本人である神ではないからです。

 なぜ、イエスが信仰の深さを引き出すために、あれほど否定してるユダヤ律法学者の手法を使う必要があるのか?なぜユダヤ人でなく、カナン人にそれを使うのか?なぜ、こんな意地悪を繰り返し言って、ここまでへりくだらせることをさせたのか?「ユダヤ律法学者の手法のまね」だけではすっきりしません。
-

 この話の舞台は「ツロとシドン地方」です。ここは創世記で神によって焼き尽くされたソドムの地と並べて例えられるくらい、罪深い土地でした。(マタイ11:20-24)

 そして、この町は、力強い軍事力で、当時の地中海を制海権をもっており、貿易の富が集中するところでした。

 約950年前(紀元前9世紀半)にはツロとシドンの少し下には、エリヤがバアル神の神官ら450人と対決したカラメル山があります。

 彼らは、イエスの時代でも右手に矛(武力の象徴)、左手に雷(雨の象徴で恵みの象徴)をもつバール神を信仰し、人を生贄として捧げる礼拝で国家武力の健在と豊穣を祈っていました。この貿易による富の集中、それによる裕福な生活は、紀元前ずっとイスラエル人をとらえ、「ヤハウェよりバアルのほうがご利益があるんじゃないの?」との心を持たせつづけ、イスラエルを偶像崇拝に走らせ続け、ついにイスラエルという国を滅亡させることとなります。
 

 カナン人とは「ハムの子カナン」の子孫です。「ハムの子カナン」とは、ノアが洪水の後、天幕で全裸で泥酔して寝ていたとき、彼の子供セム・ハム・ヤペテの3兄弟のうち、それをさらしものにしたハム、そのときにノアの呪いをうけた「ハムの子カナン」(創世記9:25)です。

 ノアはハムの悪意への直接の呪いでなく、その悪意の結晶をハムの4人の息子の末っ子、カナンに見たのです。

そのカナンから「ソドムとゴモラ」が生まれ、常にイスラエルに敵対する族が生まれ(創世記10:15-19)、バアル神信仰も生まれました。

-

-

 ここで、イエスのこの話までの動線をちょっと見てみます。

 カナン人の女の娘の悪霊を払う前、イエスはガラリア湖畔で水の上を歩き、その後ゲネサレの地(ガラリア湖北西のゲネル平原)にいました。そこから、イエスは、より北西に、地図上の直線でも約60㎞もの距離を歩き地中海沿岸まででて、ツロの町へ、そしてそこから海岸線を北上して30㎞くらいのシドンの町へと行きます。そして、この奇跡の後、その地を去って内陸のガラリア湖に戻ります。

-

-

 イエスが、地図の直線だけでも60㎞~90㎞を歩いてツロとシドンの地方でおこなったことは、記録されたものでは、このカナン人の女性の話だけでした。

-

通りがかったイエスに、このカナン人の女性は叫びます

 「主よ。ダビデの子よ。私を憐れんでください。」

 

 貿易の富が集中する町ツロ・シドン。例えていえば、東京の坪数千万の土地、1ルーム数十~数百万万の家賃のマンハッタン。そこに住む人が、その富を保証すると信じられているバアル神にも、高額の最高医療にもより頼まず、国も崩壊し、法律も税金も裁判も自分たちでする権利のない、属国となったイスラエル人が言い伝えている救い主により頼みます。

-

 それに対するイエスの答えは「私は、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません。」

つまり、私は、今は国を失ったイスラエル人(ヘブル人)。セムから5代目にエベル(ヘブル)と名付けられた家系のために使わされている。と言います。

-

それでも彼女は言います。「主よ、わたしをお助けください。」

 

イエスは答えます。「子供たちのパンを取り上げて、子犬にやるのはよくないことです。」

つまり、「イスラエル人は子供であり、カナン人は犬である。犬にあげる祝福はない。」と

-

でも、彼女はくいさがります。

「主よ。そのとおりです。ただ、子犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」

 

そしてイエスは「ああ。あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」と言います。

「あなたの信仰はパーフェクトだ!!」と主ご自身がはっきりと言います。

 

「人はうわべを見るが、主は心を見られる」(Ⅰサム16:7)
「ああ、神の知恵と知識との富はなんと底知れず深いことでしょう」(ローマ11:33)

「あなた方の頭の毛さえも、みな数えられています」(マタイ10:30)

 

聖書でこのように書かれている、心をしっかり見れ、底知れない知恵をもち、髪の毛の本数すらも知っている主が、彼女との会話がこのように進むことを知らなかったとは思えません。
-

-

 イエスの「ああ。あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」と言ったときと、一つの僕の中のちょっとした思い出が重なります。僕の娘が1歳くらいの時のことです。祖父母の家で、おばあちゃんのところから、おじいちゃんのところへ、3~4歩の距離ですが、はじめて歩いたときの光景です。

 よちよちと、歩く間、「ほら、もう少し」「ほら、次、右足」なんて、彼女にとって生まれて初めて聞くような厳しめの語調で、掛け声がかかります。

 祖父母は、彼女が絶対できることを知っていました。そして「彼女なら、絶対できる。」と思いながら、手を出したくてもださず、「だっこ」といっても抱き上げず、最後まで歩かせました。そして祖父のところに娘がたどり着いたとき、歓声が上がりました。たった、3~4歩の旅行です。イエス様が「ああ。あなたの信仰はりっぱです。」と言ったとき、この歓声を上げた祖父母のような表情をしていたのでは?なんて、なんとも重なります。-

-

主イエスはきまぐれに癒したり奇跡を行う方ではありません。あるときは、一瞬に癒し、あるときは泥を塗って癒し、あるときは拒絶をしたふりをしたり・・理由なくそのようなことはしません。また、主は、僕らを癒したり奇跡を行うために存在するわけでもありません。

 

ここにひとつ、主イエスが癒しや奇跡を行う理由を、主自身がのべた聖書箇所があります。イエスが生まれついての盲人を癒すときに言った言葉です。

 

「神の技がこの人に現れるためです。」(ヨハネ9:3b)

 

では、このときの、彼女をとおして現された「神の技」とは何だったのでしょうか?

-

-

「主よ。そのとおりです。ただ、子犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」

-
このセリフは、ハムが罪を犯したとき、ノアに言うべきセリフだったのでしょう。2人の兄セムとヤぺテが祝福され、4男のカナンをとおしてハムの家系が呪われたとき、彼は砕かれ悔い改めるべきでした。

「僕は罪を犯しました。兄のセム・ヤペテの、奴隷とされた僕ですが、せめて主人の食卓から落ちるパン(祝福)をください。」と砕かれ、罪を認め、悔い改めて言うべきでした。

-

放蕩息子が父に「お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私はあなたの子と呼ばれる資格はありません。」(ルカ15:21)と砕かれ悔い改めたように、ダビデが「私は主に対して罪を犯しました。」ウリヤとバテシェバにしたことを砕かれた心で悔い改めたように(Ⅱサム12:13)、

 しかし、ハムは、なにもしませんでした。そして、その呪いはそのままとなり、神と断絶した、祝福の外での生活は、モラルの崩壊したソドムとゴモラを生み、歴史の間中イスラエルの敵となり、バアル信仰を生み、イスラエル王国を崩壊させ、数千年たったのちのカナン人にずっと残りました。
-

 十字架にかかり、全人類の罪を贖う仕事を行う前に、イエスはこの女性を通して本来ハムが悔い改めて言うべきだった言葉を、その子孫のカナン人の女性から、導き出したのではないのでしょうか?ノアの、ハムの子カナンへの呪いから、カナン人を救った。つまり、ノアという人からの呪いを、「神の技」で解放したのではないでしょうか?

-

 砕かれたカナン人の信仰は「パーフェクトだ!!」「ノアに呪われた家系でも、バアル神信仰の家に育っても、砕かれ悔い改めれたときその信仰はパーフェクトで、救われる!!」と体現し、宣言するために、イエス様わざわざ、60~90㎞も自身の足で歩き、この地に行ったのでは、ないでしょうか?
僕の推論の域を出ていませんが、そのように思うと、このイエス様の差別的にさえ思える冷たい態度と、それに相対する60~90㎞も歩いてそこに行く情熱が、しっくりくるように思われてなりません。

 

-

-

ところで、これがツロとシドンの地でイエスがした奇跡としたら、このカナン人の女性のしたことはなんだったのでしょう?
-
彼女は、地中海の貿易の富が集まる町の住民です。最高レベルの医者もいたはずです。自分の経済力での解決もあったはずです。武力と豊穣を保証するバアル神の信仰の中心地に住んでいて、その信仰の中に育った。つまりなにかあったらバアルに頼む生活習慣の中に生まれ育ったとも思われます。また、他にも悪霊払い商売としていた怪しげな呪術者なども沢山いたはずです。

-

「犬に与えるパンはない。」とまで言われたとき、腹を立てて立ち上がり、バサッと財布を広げて「じゃあ○○のところに頼む。何様だと思っているんだ、国もないヘブル人のくせに・・」なんて捨て台詞を残して立ち去っっていく。そのようなストーリー展開のほうが自然な気もします。

-
でも、彼女は、ただただ、イエスのみにより頼みます。

裕福な町の住民が、みすぼらしい身なり旅人のヘブル人に・・民族的に敵対し、自分らを軽蔑しているとわかっているヘブル人に、信仰する神すら違うのに・・

無視をされても、拒絶をされても、彼女はイエスのみに救いをすがります。

彼女は、霊の目で、誰がこの自分の身に起きている悲劇を解決できるのかしっかりわかっていました。

そして、その人以外、それはできないこともわかっていました。

なので、なんと言われても、どんな扱いを受けても、イエスのみにより頼みました。

-

そして、その彼女の一連の行動に対しイエスは「あなたの信仰はりっぱだ。」つまり「パーフェクトだ。」と宣言します。

-

ヘブル人の手紙の著者はイエスを「信仰の創始者であり完成者である。」と言います。

-

「信仰の創始者であり完成者である」イエスが「あなたの信仰はパーフェクト、100%だ。」と言われたのです。

 

そう、彼女は100%イエスにしかより頼みませんでした。彼女の中では、「8割イエスにより頼み、2割ダメだったら、どこどこの有名な悪魔払いの人のところに行こう。」とか、9割より頼み、もしうまくいかなかったら・・という他の選択肢はなかったのです。そして、彼女は、完全に解決でき、かつ唯一の選択肢、もっとも正しいところにより頼んだのです。

 

それがこのカナン人の女性のしたことでした。

-

-

ハリケーンカトリーナの避難所で、年老いた女性とその息子がいました。その息子は災害救援隊(FEMA)、赤十字、保険会社、親戚友人とあちこち連絡を取り、家も家財も全部失って、仮設の避難所にいる状況をなんとかしようと一生懸命になっていました。年老いた母は静かに、一言いいました「ボーイ。お前は間違っている。助けを頼むところはFEMAでも、赤十字でも、保険会社でも、親戚友人でもないんだよ。頼むところはイエス様だよ。」

 

誰でも、人生で途方に暮れる、どうしようもないときってのは、何度かあります。そのときに僕らは目先の解決に必死になり、見えなくなってしまうことがあります。

そんなとき、このカナン人の女性の信仰を思い出してください。僕らが救いを求める、より頼むべきところは、イエス様です。

---
今回はInductive Sermon (帰納法的説教法) とPuritanical sermon(清教徒的説教法)を使ってのアプローチです。Inductive Sermon (帰納法的説教法)とは、事実や確かな情報をどんどん並べて言って、そこから見える推論を立てて考えを進めていくやりかたです。Puritanical sermon(清教徒的説教法)は。「なんで?」「なんで?」としつこく質問しながら、掘り下げていきます。

そこから、「なにを言わんとしているのか?」を掘り出していく感じで取り組みました。